カテゴリー

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
休日中のご注文は翌営業日から発送

モバイル

売れ筋商品

Feed

マクビー

販売価格 1,300円(税込1,404円)
購入数
1.1L
4L
18L
   





浴室清掃作業手順        



おかげさまで30,000本

この商品を使いこなすには汚れを見極めるプロの目(知識と経験)が必要です。





マクビーを使う前にまず、バスハンター(アルカリ性)で石鹸カスをとってからマクビー(酸性)を使ってください。

(石鹸カスがある場合マクビーは反応しない場合があります)



【原液使用】 浴室やキッチンの水回りで苦労するスケールやスッキリしない汚れに、

浸け置きタイプの酸性洗剤が新登場です! 

増粘タイプなので立面に塗り拡げて浸け置きできます。



◎浴室内・アルミのドア枠やプラガラスに白く付着した汚れを落とすのに時間がかかっていましたが、

マクビーを塗布して15分〜30分(汚れに応じて)浸け置きすると柔らかくなり、軽度のパッドで落とせます。

・浴室壁面がタイル張りで、タイル表面にウロコ状に付着したスケールも同様に落とせます。

・蛇口は、軽度の汚れの場合は拭くだけでキレイになり、重度の場合は浸け置きしてから洗浄。



FRP特に色の濃いものは色が抜ける場合があります。必ずテストをしてからお使いください。







バスハンター ・ シャルドネ ・ ベルモット ・ マクビー ・ ビビアン ・ エクセレント














【マクビーはすごく落ちる】  と  【マクビーでは落ちない】



相反する意見が多く寄せられます。

よくある質問です。(会話です)



マクビーを使ったのに全く落ちない。



マクビーは酸性なので、まずは石鹸カスを取るためにバスハンターをお使いください。



バスハンターを使った後にマクビーを使ったが反応がない。

結論は、石鹸カスをバスハンターで落とし切れていないことにあります。

石鹸カスは浴室の下から1mの辺りにきつくこびりついています。

全体を同じ濃度、時間でやっても落とし切れていない石鹸があります。



マクビーは使う人の経験値に左右される商品です。

【全く落ちない】・・・(マクビーのみで勝負をしているように感じます)

浴室の汚れには様々な汚れがあります。汚れの見分け方がポイントになります。

・アルカリで落とせる汚れ

・カビ取り剤で落とせる汚れ

・酸性で落とせる汚れ




マクビーは酸性ですのでアルカリで落とせる汚れは落ちません。

作業としてはまず、バスハンター(アルカリ洗剤)で石鹸カスを落としてください。

水を霧吹きでかけてはじく汚れはバスハンターで落とします。

それでも残る汚れ(つるつるした面についている白いモヤモヤした汚れ)にマクビーを使ってみてください。

マクビーは塗って待ってるだけで汚れが落ちる商品ではありません。

しっかりステンレスでも傷の入らない柔らかい研磨剤の入ったファブリックシートでこすってください。




特徴 : 腐食防止/増粘性/浸け置き型/軽度の洗浄は希釈可能

【特徴・注意事項】

腐食防止剤を配合していますので、浸け込みでも腐食は起こりませんが、

アルミはステンレスよりも反応が早い為、若干の明るさが出る場合があります。

輸入素材や特殊な素材がある場合は、最初に目立たない部分でテストを行って下さい。

用途以外では使用しないでください。 塩素系洗剤とは混ざらないようにご使用ください。






失敗の思い込み

バスハンターをとりあえず使っただけではきつい石鹸カスはおちていない場合があります。


汚れの付き方をイメージして石鹸カスをしっかり取り除きそのあとでマクビーを使います。







マクビーを塗って30分放置します。

(必ず部分テストをしてください。マクビーは酸性ですので金属が腐食する場合があります)

30分後、ステンレスでも傷の付かないファブリックシートでこすります。

(タオル・マイクロファイバーでは汚れのきっかけがつかめず落ちません)



















マクビーを塗ると細かい泡がでます。













今度は浴槽の淵。



ここは洗い場が近いので石鹸カスもあります。

まずは、バスハンターで石鹸カスを取り除きよく流して拭きあげた状態が下の写真です。

白いもやもやは水垢です。







さらに拡大







マクビーを塗って30分置いていきます。



(注意点、排水ボタンは金属ではなく、樹脂に透明ラミネート加工されている場合があります。

その際、排水ボタンが灰色【ラミネートの層の下】に変色する場合があります)








30分後こすります。







よく流します。



















 



一生懸命作業したのに乾くと出てくるあのモヤモヤした模様。

ちょうど目線に入り気になりますよね。



触ってもざらざらもなく、汚れもない











拡大









こんな時もマクビーを塗って30分放置













拡大





壁面などをこするのに便利です。

 

ファブリックシートを適当な大きさに切って、3M No.961ホルダーにつけて壁をこすると

平らに力が入ります。





 



全体的にバスハンターで洗います。

洗い場下から1mは石鹸カスが多いのでしっかり落とします。

その後残るのがマクビーで落ちる汚れです。

下の写真がマクビーを塗る前です。







下半分にマクビーを塗ります。







30分したら、こすってから流します。













実験

これはキッチンで使っている水切りかごの下にあった、水垢ぎっしりのステンレス板です。



爪でひっかくとガリガリします。





ルーペでどのように汚れがついているかを見ます。



ステンレスの板の上にぴったり、スケール(水垢)が乗っているのがわかります。

これを、ステンレスを傷めず溶かしていきます。

マクビーは酸性ですがステンレスを傷めずに取り除くことができます。





いきなりマクビーは使わず

初めに、アルカリ性のバスハンターで石鹸カス・汚れを取ってきます。

水切り板と使用していたので、食器洗剤の残り、油汚れ等が混ざってくっついているので初めにバスハンターを使いました。



洗い流してみます。

それでも、がっちりこびりついている水垢にいよいよ『マクビー』を使います。





マクビーをたらします。



塗り広げます。







マクビーが触れた瞬間に白くなっています。

これは、反応して細かい泡がでている状態です。





30分してからこすってみます。









 



実験

これはステンレスに水をたらし焼き付けした水垢です。

(ステンレスの蛇口などは温水が流れているので想定してやってみました)



マクビーを塗ります。





きれいに取り除くことができました。





実験



これはタイルに焼き付いた水垢です。



右半分にマクビーを塗ります。













裏技

鏡のうろこを取る前に塗っておくと、とれやすくなります。




たとえば鏡のふちなどきつい場所



拡大写真





マクビーを塗ります。



溶け出した小さな泡がでてきました。



こすってみます。



まだ、芯が残っています。



残りはマクビーではとれないので、鏡用の研磨剤『研・研 鏡・ガラス』と『ダイヤシートハード』でこすってみました。













 

この商品を買った人はこんな商品も買っています