カテゴリー

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
休日中のご注文は翌営業日から発送

モバイル

売れ筋商品

Feed

バスハンター

販売価格 1,100円(税込1,188円)
購入数
1L
4L
20kg
   

『バスハンター』+『ステンレスハンドブラシ(ソフト)』が最強のコンビ。

バスハンターの能力を引き立ててくれるとても力強い味方。



浴室清掃作業手順

 

おかげさまで200,000本突破。 

浴室内の石鹸カス・石鹸カスフィルムを溶かす洗剤です。

(ゴム手袋をしてください、また素足で作業も危険です皮膚が炎症をおこします)



アルカリ性

希釈倍率は平均10〜50倍です。

重度の汚れ=10倍〜15倍・中度の汚れ=15〜20倍軽度の汚れ=20〜50倍



ハウスクリーニングの方はまず、現場に入ったら バスハンターを

バスタブの内外石鹸カスが飛んでいる場所(下から1mぐらい)に 全体適にスポンジで塗ります。



そのあと、カビがある場合はベルモットを薄めたものを塗ってください。

※バスハンターでも残る床の黒い汚れはエクセレントをお使いください。

 エクセレントは溶剤が入っているのでバスハンターより浸透性があります。



バスハンター ・ シャルドネ ・ ベルモット ・ マクビー ・ ビビアン ・ エクセレント  ・ 増粘水


業務用石鹸カス除去洗剤『バスハンター』

浴室内の石鹸カス・石鹸カスフィルムを溶かす洗剤です。

桶、腰掛けに付着した白い汚れの洗浄浴槽、浴場内の脂垢汚れの洗浄洗い場周辺、浴場内床のヌメリの除去

成分 植物性陰イオン界面活性剤  アルカリ性



浴場内の洗浄では、桶、腰掛けに付着する石鹸、ボディソープの汚れ、浴槽、床の脂垢汚れはもちろん、

洗い場周辺のヌメリ、酸性泉によるヌメリの除去にも効果があります。

アルミ製品には使用しないで下さい、アルミ表面が解けます。。




石鹸カスは、爪でひっかくと写真のように取れます。

また、スプレーヤーに水を入れて吹きかけると水玉がはじきます。

下の写真は光沢のある部分に石鹸カスが蓄積している画像です。



爪でひっかくと石鹸カスがはがれます。

この石鹸カスをバスハンターで溶かしていきます。

汚れに応じて薄めてスポンジで洗剤を伸ばしながら石鹸カスを溶かしていきます。



石鹸カスで椅子の表面がコーティングされています。こうなると普通の洗剤ではとれません。

光沢はなくなり、劣化してるように見えます。



バスハンターをつけたスポンジで擦ってみます。(必ずゴム手袋をつけてください)

だんだんと、黒い汚れが溶けていきます。アップでみると表面の汚れがなくなっているのがわかります。



右半分にバスハンターを塗りました。



こすっていくと表面の茶色い石鹸カスが溶け出していきます。





こすったところの石鹸カスがとけてもとの下地がでてきました。



仕上がりにムラにならないようにするには

『バスハンター』+『ステンレスハンドブラシ(ソフト)

が最強の組み合わせだと思います。




0.1mmの細いブラシなので素材の凸凹した中の汚れをかき出せます。

下の写真は浴室床の拡大写真です。繊維の細さがよくわかります。







実際に拡大すると、隙間に汚れが貯まっています。







バスハンターで石鹸カスを溶かしながらブラシで汚れを溝からかき出します。





※黒ずみの層が厚い場合は【エクセレント】を使います。

ステンレスブラシソフトは仕切り窓でも使えます。









ステンレスブラシだと、ムラなく仕上がります。(どうしてもスポンジだと乾くとムラがでます)



余談。折り戸の下の方にある白く固まった汚れはマクビーが効果的です。





 

失敗なのかな?

バスハンターとスポンジだけでこすると仕上がりにむらができたり、乾くと白くなったりします。





この現象は2種類の原因があります。

 

・『石鹸カスがまだ残っている』→バスハンターでもう一回落とす。

  現場の写真は光沢のない、細かいエンボス(でこぼこ)した素材なので

  バスハンターを塗り、ステンレスハンドブラシ ソフトでこすれば傷もつかず乾燥すればきれいになります。

(  壁の材質によるのでブラシを使う際は注意、テストをしてください)うまくいけばかなり、楽にきれいになります。

・『石鹸カスが落ちていて、水垢が残っている』→次のステップマクビーへ

  バスハンターはアルカリ性なので、アルカリで落ちる汚れだけがとれた状態です。

  爪でひっかいて取れる場合はまだ、石鹸カスが残っています→バスハンターでもう一度

  爪でひっかいても取れず、爪に引っかかるような白いよごれはマクビーで取れます。

  マクビーを塗って、30分放置します。



バスハンターで洗っても残る白い水垢





この状態で30分放置(マクビーは粘度があるので壁面でも放置できます)

今回は実験ですので下半分を塗りました。実際の作業の時は全体に塗ってください。

特に色の濃い素材で部分的にマクビーを使うと乾燥したあと若干跡がわかるときがあります。



30分放置後よくこすり洗いをします。

(30分でなくても2時間ぐらいおいても特に問題はありません)



30分後、良く洗い流してください。下が乾燥後の写真です。

すっかり白いモヤモヤが無くなっています。



 



よくある質問

●バスハンターとエクセレントの違い



エクセレントの使う場所は、主に洗い場の床の目地に入り込んだ黒ずみです

バスハンターとエクセレントは共に石鹸カスを落とす力がありますが、

エクセレントは溶剤成分を多く含んでおり、汚れに対しての浸透性を高めたものです。



エクセレントを使用する一番の項目は、浴室内の洗浄をアルカリ性・塩素系・酸性の基本3種で洗浄しても、

床面の凹凸やシワの中に入り込んだ黒ズミが残る場合のみに使用する洗剤です。

細かいシワに中に入り込んだ汚れは、洗剤を塗布しても一番上の表面しか洗剤は触れる事が出来ません。

谷間の中の汚れの最深部まで洗剤が到達するまでには浸け置き時間はかなり必要になってきます。



そこで、溶剤の力を利用して浸透力を高めています。

エクセレントをバスハンターの代わりに使っても効果は同じかどうかについては、

浸け置き洗浄をした際に差が出る形になります。

多くの場合、石鹸カスを除去する場合に15分以上浸け込みはしないで数分の待ち時間で洗浄に入る為、

この場合は大きな差が出ません。

○エクセレント

常に車に1本積んであると便利な洗剤として認識ください。

基本3種(アルカリ性で石鹸カス・塩素系でカビ・酸性でスケール)、

この作業の後に浴室内の床面がまだ黒ずんでいるという場合が、数件に1件の割合で経験されると思います。

その際に時間をかけて体力を使って洗浄せずに、エクセレントをご使用下さい。

エクセレントは5倍希釈で床面にまんべんなく撒き、15分程度浸け置きしてからブラッシングして下さい。

ブラッシングのブラシは、凸凹の溝に中に入り込むような細いブラシが最適です。

こちらのブラシがおすすめです。

 

壁面などをこするのに便利です。

 

ファブリックシートを適当な大きさに切って、3M No.961ホルダーにつけて壁をこすると

平らに力が入ります。















 

この商品を買った人はこんな商品も買っています