カテゴリー

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

2019年11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
休日中のご注文は翌営業日から発送

モバイル

売れ筋商品

Feed

イーグル フロアリンス 3.8L

販売価格 3,000円(税込3,300円)
購入数
1本
4本入箱











剥離後床面中和剤   一度つかったら手放せない
剥離のあと、一生懸命洗ってもなんか床がべたつく、ワックスのノリが悪い。
そんなことありませんか?それは剥離剤(アルカリ成分)がまだ残っているからなのです。
でもしっかりリンスしているよ。と言う人もいるかも知れません。
例えば、1崘輓イ鬚靴泙后G輓ジ紊両果未phが12だとします。100ccの水で洗った後はphが11になりました。
この状態で中性に床面をするにはどのぐらいの水が必要だと思いますか?
ph10にするには100cc×10倍=1L(1000cc)  ph9にするには1L×10倍=10L
ph8にするには10L×10倍=100L         ph7にするには100L×10倍=1000L(1t)

答えは1tの水が必要なのです。たった1崔耋造垢襪里法ΑΑΔ海譴鯑Г泙┐討っちりリンスできていると言えるでしょうか?

では実際の現場ではどうすればいいのか?床面がアルカリ性になっているので酸性の中和剤を使えばいいのです。
この中和剤はph1です。200〜400倍に薄めてもhp2〜3までしか落ちません。これでリンスをすれば相反するphなので少量で中和することが可能です。
使い方は一番最後のリンスをする際、ペール缶にキャップ1・2杯入れます。それで床面に塗ります。最後に汚水を回収します。
または、最後のリンスの際、ポリッシャータンクに中和剤を入れます。これでも中和できます。
特に中和をするために作業工程が増えることはありません。いままで行ってきた作業のなかにうまく取り入れていただければきっと今よりいい結果がでるはずです。
(アメリカには中和剤としてジャンルが確立されていますが日本ではまだきっちり中和する人はすくないと感じています)
また、剥離の後だけでなく、phの強い洗剤を使って表面洗浄した際にも最後のリンスとしてお使いください。